空間の感触

蓼科の山荘

蓼科の改築現場に、建具が入って来た。

国産杉の持つ、素直で優しい表情。

この建具のガラスは、木の葉と梨地の切り替え。

蓼科の山荘
国産杉の建具

この山荘を建具屋さんは、新築と勘違いしている。
現場にやって来るタイル屋さんも、左官屋さんも。

蓼科の山荘
アンティークガラスと国産杉の建具

この、「木の葉」のガラスは、以前の山荘に使われていたもの。
この、小さなガラスは、長い時間に埋もれていた記憶を呼び起こす仕掛け。

面白い事に人間の記憶は一瞬で、時空を飛ぶ。
臭覚と記憶は直結している事が簡単に解るけれど、視覚も断片的に直結したものを感じる。

蓼科の山荘
木の葉模様のガラス

日付まで遡れないけれど、

あの頃の、若き父と母。
そして自分達。

そして、記憶を巡る、その当時の何気ない日常。

何気ない過去の日常、人間の記憶には、何故、その様なものが大切にしまわれているのだろうか。

蓼科の山荘
そのままの容の吹き抜け

過去との会話を終えて、そして、施主さんの一言、

「この空間を、私は、記憶している。」

毎日、あちこちの現場を渡っている各職人さん達が、新築と見間違う程に変わったこの山荘は、新たな息吹を与えられ、これからも施主さんと時代を重ね、記憶を蓄積しようとしている。

Continue Reading

刈払い機

軽井沢の庭

この度、刈払い機を追加した。

上の画像の右側が、今回、購入した新しいもの。
左は前から持っているもの。
新しいものが33cc、古いものが25cc。
この前までは、フジロビンで昨年からか、マキタラビット。
どちらもスバル系の小型エンジン。

新旧2台、4サイクルエンジンで、一寸、マニアックなマシーン。
ばらして見た事はないが、25ccのエンジンは、ペットボトルの蓋位のピストンに、小指の頭位のバルブが忙しそうに動いている筈。
模型の様なスケールで、それでいてれっきとした実用品。

軽井沢の庭

現代版田舎暮らしは、この様な小さな原動機に助けられ成り立っている。
チェンソー・投雪機・薪割り機、そして刈払い機。
全てを手作業でとなると、田舎暮らしも大変だが、現代版田舎暮らしは、模型をいじっている様な、マシーンの調子をいつも良い状態に保ち、半分以上、趣味の世界。

古い刈払い機は20年選手、エアクリーナーを替えたり、ストレーナーを替えたが調子がいまいちで、この度、キャブレターを交換した。

軽井沢の庭
刈払い機のキャブレター

不調だったエンジンが、全回転域にトルクが戻った。

昨今は電動工具も増えているが、メカニカルな中に感じられる、給気音と排気音が持っている生物的なふるまい、内燃機関はなんともいえない存在。

刈払い機の新しいものは、手を離すとアクセルが戻る様になっていた。

軽井沢の庭
新刈払い機のアクセル

20年前のものは、固定のアクセル。

軽井沢の庭
古い刈払い機のアクセル

刈払い機も安全面で進化している。
しかし、トルクで刈る感覚の4サイクルの刈払い機は、中間領域の回転数を多用する事があり、固定アクセルの方が使いよい。
それでも安全優先、機械にはその内、身体が慣れて来る筈。

軽井沢の庭
刈払い機、チップソーとナイロンコード

古い小型のものにチップソーを装着。
新しい33ccにナイロンコード。

25ccのチップソーでは、回転数を上げずに草刈ができ、藪を払うのでも生木なら5cm位のものは一刀で切れる。

軽井沢の畑
ナイロンコードで試し切り

実は刈払い機は、チップソーで藪を払うより、ナイロンコードで細くて密な草を刈る事が大仕事。
藪払いは転がした木を片付ける事が大変だが、ナイロンコーで回しっぱなしのオーバーヒートが怖い。
人間が自然を相手にすると、草だけでも思う通りにはならない。

それでも、ナイロンコードで大型エンジンで刈れば画像の様に美しい。

これから梅雨が明け、盛夏を迎え様という軽井沢、もう少し、超小型モータースポーツの楽しみは続きそうだ。

Continue Reading

初夏の食卓

軽井沢の菜園

我が家のんびりな菜園からも、収穫が出来るものがちらほらと。

我が家のオーガニック菜園は、自然農だから、その他の草を排除しない。

その他の草と共生るる野菜

当然、農薬は撒かない。
化学肥料もやらない。

痩せこけの玉ねぎ。

軽井沢の菜園
オーガニック菜園のサンチュ

苗は原種に近い方が強いよう。
レタスより、サンチュがよく育つ。

軽井沢の菜園
自然農法のサニーレタス

サニーレタスも自然農とは相性がいい。

農薬を撒かなくても、

葉は虫に荒らされない。

オーガニック食材
味の濃い玉ねぎ

痩せこけの玉ねぎ、見掛けは悪いが、味は非常に濃い。
目では確認できないけれど、極微量栄養素は濃いみたい。
そんな味を、口の中の粘膜が感じる。

スーパーから、旬のムール貝を買い込んで。

旬のムール貝

擂り下ろした玉ねぎと黒酢、個人輸入で買ってみた南イタリアのエキストラバージンのオリーブオイルを混ぜてドレッシング。

軽井沢の食卓
オーガニックサラダ

犬にも出来合い食材では可哀相なので、オーガニック野菜の屑で御飯。

軽井沢、犬のいる生活
オーガニックな犬御飯

軽井沢にも、良い季節が訪れた。

Continue Reading

朝霧

初夏の軽井沢

霧の掛かる朝。
湿けった質量のある空気が、風もなく停滞している。

初夏の軽井沢
谷から引き揚げた薪

こんな日は、季節を謳歌する夏鳥の歌も少ない。

初夏の軽井沢
庭先の山法師

ただただ、高木の山法師の花が視界に入る。
朝霧の中でも、一生を全うするかのように、満開の花。

初夏の軽井沢
食卓からの景色

こんな朝は、昨日の温度が残る、守られた室内で、白湯の温かさが身体に染み渡り有り難い。

間も無くすれば、停滞した空気が循環を取り戻し、覆い被さっていた朝霧もとれ、梅雨の合間の初夏を思わせる太陽が顔を見せるはず。

Continue Reading

夏至の朝

軽井沢の自宅

雲は拡がるも、青空の見える空。
梅雨の最中にしては、良いお天気。

庭の花が咲き誇っている。

軽井沢の木
夏至のえごの木

数本ある庭のえごの木、造園屋さんの圃場から、鳥が実を運んで生えたものの様。

軽井沢の野草
皇居から軽井沢に帰って来た夕すげ

この夕すげ、軽井沢で採取され、皇居で育てられていたものが、軽井沢植物園で配布された事があり、それを知人の別荘の庭で株が増えたものを譲って貰った。

山法師、毎年、森の中にひときは明るく、滝が出来た様に咲き誇る。

軽井沢の木
夏至の山法師

花の匂いがかすめて行く、夏至の朝。

Continue Reading

旬を廻る食材

旬の食材

現場の帰り道、スーパーに寄ったら、黒舌がショーケースの中にあり、夏を感じる食材、嬉しくなって買って来た。

「旬を食べる。」

食品の保存技術が向上した現代だからこそ、採れたてを「そのときに頂く」、そんな事が贅沢になった気がする。

我が家に来る道路の脇に、淡竹が自生している。
自生といっても、先人が、その竹を「資材」として農作業や家造りに利用しようと植えたものだと、容易に想像ができる。
だから、自生ではなく、正しくは植林かもしれない。

その副産物が筍。

淡竹の筍は灰汁は強くなく、身は固くなく、軽く下茹ですると、色々な料理に使うことが出来る。

淡竹の穂を、山葵醤油で頂く。
軽井沢の初夏を感じさせる、贅沢な一品。

山葵醤油でなく、春先に仕込んだばかりの若い味噌を当てても、捨てがたいフッレッシュな味わい。

淡竹でメンマもできる。
少し唐辛子を煽って辛口にすれば、食卓の酒も進む。

そんな事で、この時期は楽しみで、竹林の林床を見渡す。

家に誰もいない忙しい昼に、「簡単に、」と思って握った筍御飯の塩握り、味わってみれば飛び切りの御馳走。

現代だからこそ、季節に寄り添う、という贅沢。

Continue Reading

木挽き

大工さんに誘われて、木挽きを見学に行って来た。
機械化された、製材所がなかったときの技術。

鋸 (のこぎり) の象徴的な形の、大きな鋸。
大鋸(おが)と言うらしい。

腕に覚えのある、何人かの大工さんが、集まった。
中には、こんな数の大鋸を車に持参した大工さん。

朝から挽く事、15時位には、上の板が動いた。
息を呑む瞬間、木との初対面。

簡単に調べたが、今から500年前には、木挽きの技術が確立されている。

そして、今、僅か数十年で、この技術がなくなろうとしている。

大鋸を挽いている大工さん、素手で木との対話、
「ここは堅い、節かな?」
ダイレクトに木からのメッセージ。

沢山の大鋸を持っている大工さん、
「簡単に挽かせてくれた木ですね。」

自分達は、あくまでも受身の姿勢。

挽いてやったのではなく、挽かして頂いた。

ケヤキの成長途中で、環境が激変したと思われる跡。
もしかすると、浅間山の天明の噴火か?

木挽きの歴史と、環境変化、推定樹齢300年のケヤキ、まるで、タイムカプセルを開いたのかのよう。

Continue Reading

窓越しの庭先は、軽井沢の初夏

軽井沢の初夏
散り際の肝木と、開花の山法師

早起きして、居間に降りる階段から眺める景色。
淡く回ったライトが、とても、柔らかい光景を与えてくれる。

バックコーラスは、艶やかにクロツグミの囀り。

手前の木が、肝木の白い花が散り掛け。
奥の白い花の山法師が、開花を始めたところ。

その手前のえごの木も、白い花の蕾を持っている。

軽井沢では、高木が隆盛を極め、人間の住んでいる地表が、まるで、深海の底の様。

ひっそりと深海で過ごしている雰囲気。

そして、夏を彩る白い花。


とても軽井沢らしい瞬間。


Continue Reading

蟻の郡飛

家の廻りの四季
家の廻りの四季
黒蟻の郡飛

我が家の敷地に、家を建てる前に、大きな栗の木がありました。
家を建てる為に伐採した後、その切り株に大きな蟻の巣がありました。

長男は幼いときに、その根の虚に肘まで突っ込み、肘から先を蟻に一斉に噛まれて騒いでいた事を思い出します。
彼はなにを考えていたのか、今でもわかりません。

それから彼此15年程が経ちまして、梅雨時期の蟻の郡飛が、我が家の季節の風物詩になっております。
「おっ、今年も来た!」
そんな感じです。

羽蟻と言っても、これは黒蟻の群飛で、シロアリの様に家を食い荒らす訳ではなく、むしろ、シロアリを捕食する役目の蟻です。
自然は絶妙のバランスを取りながら吊り合っております。なので、我が家ではこの蟻に薬剤を掛けて駆除する事はしないようにしております。
絶妙なバランスなところを押すと、一時は押すことは出来ますが、それは揺らぎの中で、その後、押し返される事が起こると思います。

自然には、極力、力を加えず、緑の中で静かに過ごしたいのです。

軽井沢の森の中から、今年も順調な季節の廻りに感謝です。

Continue Reading

お台所廻り

お台所の家具の製作の記事でした。
やはり、手作りは良いのです。

I型の2列の配置、収納力、作業が出来る能力、画像をご覧頂ければ分かるとおり、抜群です。

窓際の作業台の足元に入ったパネルヒーターは、実は紆余曲折があって大変でした。

入ると思っていた冷蔵庫が、その頭が、僅か梁に当って入らない。
天井の梁が、冷蔵庫の頭を押えるとは、設計時点では解らなかった。
ミスなんです、設計屋の。
有効寸法の攻めすぎなのです。もっとルーズにやっておけば。
いや、攻めなければ、つまらないのです。

それでは、作業台を動かそう!
しかし、うっ、パネルヒーターが当る・・・

それでも、作業台を132mm程、かわして、冷蔵庫が納まりました。

施主さんに笑われました。

「こういう家、面白いね!」

Continue Reading