「時の流れを汲取る。」

敷地内にある立ち木を、自然のサイクルに合せた秋から冬の新月に伐採し、葉枯らしして、これから建てる建物の部材として使用できます。
「地産地消」その地で長いこと育った木を家の材料にすることは、建物から精神的安定感や安らぎが得られるようにます。木組みを工夫し使用した丸太を確実に組み付けます。自然=丸太に人間が注文はつけることが出来ませんので、人間の知恵で工夫します。この辺りが設計者のおもしろ味・大工の腕の振るい所=モチベーションを高く建築に向かう事が出来ます。

You may also like