明けまして、おめでとうございます。

本年も、宜しくお願い申し上げます。

今年は、太陽光温水・蓄熱型レンガ式薪ストーブ・薪風呂採用予定の新築、スイスの建築家の設計の住宅、知人の1級建築士の自邸建築のお手伝い、またまた、マニアックなものばかりです。


人類が、ウイルスを排除できる訳でもないと思います。慌てずに人間達が変化を求められる一年なのかも?と思っております。

毎年の事ですが、瞬間湯沸かし器的な行動は出来ませんが、呆れずにお付き合いの程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

Continue Reading

イタリア・ベルギーからの来訪

壁土製作、記念撮影中

この素敵な出会いは、一本の電話から始まりました。

先月に、遠野未来さんから連絡があり、小坂商会とコンタクトを取りたいので、ご協力して欲しいとの事。
小坂商会さんとは、長野市で壁土を練っている所で、私もたまに取引があるので、お安い御用でした。

以前に、 小坂商会のお母さんと、テレビ東京の「和風総本家」のという番組 の「女職人」という様な 切り口で、 ご一緒に出演させていただいたことがありました。

遠野未来さんは、私のご近所、軽井沢町追分在住、世界的に活躍されている建築家で、昨年はThe A+Awardsから賞を頂いております。

遠野未来さんの受賞作品   Shell House/もりのことば   

今回、来日された皆様は、イタリア・ベルギーからの建築家及び建築関係の14名+通訳2名という大所帯でした。

そして、今回のツアーの企画は Genuine Education Network S.r.l のCEO、斉藤由佳子さん。

ツアーのタイトル

今回のツアーのタイトル「sozai」。
ヨーロッパの建築家・建築関係のお仕事の方は、なにを求めて日本に来ているのでしょう?

壁土
練られる過程の土

小坂商会さんで作っている壁土。
15年位前ですと、上田市でも2件、「壁土」屋さんがありました。
今は、この辺りでは長野の小坂商会さんが最後の砦。

サスティナブルなbio建築
自然素材・伝統建築で持続可能なビオ建築

日本では一般的に「古くさ!」といわれる土壁ですが、イタリア・ベルギーの建築関係の方々は、ツアーを組んで日本まで見学に来ている事が、今の先端の世界基準です。

練りあがった壁土
信州の方言では「べと」

練り終わって寝かせてある壁土。
イタリア・ベルギーからの皆さんが、手に取ったり匂いを嗅いだり。
「Fermentazione!」

発酵臭ですね。

土壁
サスティナブル建築の世界最先端の「左官」

日本では「左官」職人の若い年齢層は激減です。
サスティナブルな建築を可能にする土、そして日本の「左官」。
世界の先端での「左官」と、日本で激減している「左官」非対称な面、面白いですね。

土壁
土壁に入れる藁

小坂さんの所の機械は50年生以上、「日本の古い機械は強いのよ!」とお母さんは張り切っていますが、かなりガタが来ている光景。ヨーロッパからの皆様は、そこで生産されるものに、持続可能な未来を重ね合わせて見ている。

Continue Reading

ホームページを作り直しました

前のホームページの製作からかれこれ10年、それは、自分で一から作ったホームページで、とりあえず、ネットに立ち上げて、徐々に足したり直して行くつもりでしたが、ほぼそのままで10年が経ってしまいました。

今回はプラットホームをプロに作っていただいて、私が肉付けして行こうという作戦です。
また、前回と同じ事にならない様に気をつけなければ。

しかし、ここ10年の杜の工房は、ネットに関係ない「口コミ」だけでやってくる事ができました。
これは、ただ・ただ、世間様には、感謝です。

他所で建築が終ったお方と出会い、
「なんで、もっと宣伝しておいてくれないの!」
なんて会話があり、やっぱり、ホームページはしっかりと運営しおかなければ、と思うシーンがあります。
情報だけは、発信して行こうと思っております。

今後とも、宜しくお願い致します。

Continue Reading